top of page
検索

2分でわかる「効果的な採用広告の作成と動画を活用した採用広告の作り方」




効果的な採用広告の作成と動画を活用した採用広告の作り方

 

採用広告がますます競争激化するなか、

動画を活用した採用広告は

注目を集めています。

映像による情報は、

よりリアルで

魅力的なコンテンツとして、

求職者に訴求力を持ちます。

そこで、

今回は動画を活用した

採用広告の作り方について

ご紹介します。



1. ストーリーテリングの重要性


 動画は、

 ストーリーテリングの手法を

 活用することが効果的です。

 採用広告は単なる募集情報だけでなく、

 ・会社の魅力

 ・文化

 を物語として

 伝えることが求められます。

 感情に訴えるストーリーを組み立て、

 視聴者の共感を引き出しましょう。



2. 動画の尺の適切な制御


 長すぎる動画は

 視聴者の飽きを引き起こす

 可能性がありますので、

 尺の制御が重要です。

 一般的には

 30秒から2分程度が適切で、

 効果的なメッセージを

 コンパクトに伝えることができます。

 ・重要なポイント

 ・エッセンス

 を的確に盛り込みましょう。



3. ユーザージャーニーの理解と活用


 動画は、

 求職者のユーザージャーニーに

 合わせたコンテンツを

 作成することが重要です。

 応募者が

 最初に興味を持ち、

 次に関心を抱き、

 最終的に応募まで至る

 までのステップに合わせて、

 ・情報

 ・メッセージ

 を提供しましょう。

 その際には、

 ・求職者の悩み

 ・要望

 に応えるような

 映像を作成することが

 ポイントです。



4. ビジュアルと音声の魅力的な組み合わせ


 動画は

 映像と音声が

 組み合わさることで

 表現力が高まります。

 映像の美しさや

 企業の雰囲気

 を映し出すビジュアル要素に加えて、

 ・説明的な音声

 ・楽曲

 を選ぶことで、

 より魅力的な

 動画広告を

 作り出すことができます。



5. SNSやウェブサイトへの適切な配信


 効果的に

 活用するためには、

 を行う事が必要です。

 より

 視聴頂く機会

 の創出をします。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page