top of page
ノートパソコンに向かう女性

動画クリエイター人材育成

動画制作リスキリング

なぜ、リスキリングが必要とされているのか

リスキリングは、自社の社員が持つ専門性を活かしつつ、新しいスキルを習得する取り組みであり、最近はDX推進の中でデジタル技術に対応できる人材育成のために注目されています。

企業がDXを進める中で、DX人材の不足が課題となっており、リスキリングは内部でデジタルスキルを育成する重要な手段として位置づけられています。

 DX推進を進む中で、動画の重要性コンテンツ活用成果の
向上がでております。 

人材研修リスキリング_ホワイトペーパー (3).png

普段の業務における動画の重要性について聞いたところ、約85%が動画の重要性を「とても感じる」「どちらかというと感じる」と回答。企業活動において、動画の活用の重要性が高まっています。

人材研修リスキリング_ホワイトペーパー (2).png

静止画コンテンツに比べて、動画コンテンツのほうが「非常に向上した」「やや向上した」としたと回答した方が約60%。動画コンテンツの活用は成果の出やすい施策です。

動画制作リスキリングの導入

動画制作のリスキリング導入は、職場や従業員のニーズに合わせた最新の動画制作技術やツールを学び、

習得するカリキュラムプログラムです。従業員のスキル向上や生産性向上を目指した研修、育成をし、資格取得サポートを提供します。

リスキリングが求められる理由

新たなキャリアの機会

の創出

動画制作技術を習得することで、新たなキャリアの選択肢が広がります。映像制作会社や広告代理店、メディア系企業などでの求人に応募したり、個人で動画クリエイターとして活動することが可能となります。

撮影・編集・ディレクションといったノウハウの蓄積

制作ノウハウを蓄積することは、企業のクリエイティブ強化やブランディング向上に欠かせない重要な要素です。専門知識を共有することで、より魅力的なコンテンツを生み出すことが可能となります。

​自社の従業員が制作する事で
情報発信力の向上

従業員が自社で動画制作を行うことで、自社商品やサービスに関する専門知識を視聴者にわかりやすく伝えることができます。専門知識を持った従業員が映像で情報発信を行うことで、信頼性や専門性が高まります。

動画制作における内製化の傾向が高まっています

動画の制作は

自部署・自社制作で対応

69.6%

これまでパートナー企業に制作を依頼する傾向が強くありましたが、昨今では約70%まで増加しており、動画制作ツールなどの普及によって、動画制作の内製化が加速してきています。

人材研修リスキリング_ホワイトペーパー (15).png

動画制作内製化のメリット

人材研修リスキリング_ホワイトペーパー (10).png

動画制作領域を中心に配信、VR制作やコンプライアンスまで学べる全24回のカリキュラム

リスキリングやスキルアップを促進し、学習プロセスをサポート

LINEサポート

人材研修リスキリング_ホワイトペーパー (12).png

質問や疑問、学習の相談など
講師とのコミュニケーション

学習レポート

人材研修リスキリング_ホワイトペーパー (13).png

情報共有やフィードバック
学習の進捗や成果を報告

動画編集ツール無料

ビデオ編集

レッスン期間中は、動画編集ツールの無料レンタル可能

クリエイティブ認定資格の取得

国内初で唯一の、クリエイティブ認定資格の発行しています。技術だけではなく、動画制作マネジメントやディレクションスキルが身につく取得要件です。

図2.png

講師紹介

映像業界15年の中で、企業プロモーション動画、ブランディング動画を多数制作してきました。また求人採用動画では企業の強みを引き出し動画で表現することで、動画掲載前と比べ求人応募数が2倍に増加した実績があります。

 

「なぜ動画を作るのか?」 「なぜ動画が必要か?」 を第一に考え、

あなたの想いをカタチにします。

リスキリングサービスの費用

bottom of page