top of page
検索

「アーティストのように盗め!」


アーティストにとって、アイデアは他から貸すことで生まれた、良い盗みと悪い盗みの違いは「盗む価値のあるもの」と「盗む価値のないもの」にはある。 一流のアーティストは、100%オリジナルのものは存在せず、すべての創作作品にはベースがあることを考えており、オリジナルというプレッシャーから解放され、他者の影響を受け入れることが大切だと考えている。生まれながらに、個々の思考が組み合わさって形成される。
【仕事に使える動画術】「アーティストのように盗め!」




良い盗み方 VS 悪い盗み方

 

どこからアイディアというものは湧いてくるのだろうか?

正直なアーティストはこう答える。

=「そりゃあ盗むのさ」

アーティストはどうやって世界を見ているのかというと、

「盗む価値があるものを探す」

のだそうだ。

探したらまた別のものを探す。

実はたったそれだけなのだ。


良いもの悪いものそんなものはどうでも良い。


盗む価値のあるものと

盗む価値のないものだけが

この世に存在しているからだ。


一流のアーティストなら、

無から生まれるものなんて何もない、

と言うことを知っている。

どんな創作作品にも必ずベースが存在している。


100%オリジナルなんてものはない。


オリジナルと言う肩の荷を下ろせば、

私たちはもう無から何かを作ろうなんて思わなくなる。

他人の影響を避けようとするのではなく

受け入れられるようになるのではないか。


アイディアとはどう生まれるのか?

それは、

人生に何を迎えれるかで

人の思考は作られていく。

その影響を一つ一つ足し合わせたもの。

それがあなたのアイディアである。


アーティストにとって、アイデアは他から貸すことで生まれた、良い盗みと悪い盗みの違いは「盗む価値のあるもの」と「盗む価値のないもの」にはある。 一流のアーティストは、100%オリジナルのものは存在せず、すべての創作作品にはベースがあることを考えており、オリジナルというプレッシャーから解放され、他者の影響を受け入れることが大切だと考えている。生まれながらに、個々の思考が組み合わさって形成される。
【仕事に使える動画術】「アーティストのように盗め!」


良い盗み方

・敬意を払う

・本質を学び取る

・大勢から盗む

・権利を守る

・作り替え

・リミックス


悪い盗み方

・作品を汚す

・表面をかすめ取る

・1人から盗む

・権利を侵す

・ものまね

・パクリ

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page