top of page
検索

2分でわかる「翻訳機」


コミュニケーションには言葉と非言葉の2つの方法があり、どちらを選ぶかは伝えたいことによって異なります。バイリンガルなコミュニケーターになるためのステップは、要素を整理し、翻訳可能なポイントを見つけ、非言語表現に翻訳し、最後に適切なバランスを調整することです。
【仕事に使える動画術】2分でわかる「翻訳機」




言葉と絵のバイリンガルになろう。

 

コミュニケーションの方法には、

大きく分けて2つあると言われている。

1つ目は会話する・文章で伝えるなどの

「言葉を使った」言語コミュニケーション。

2つ目は顔の表情・視線・身振り・声のトーンなど

「言葉以外を使った」非言語コミュニケーション。


例えば、ある街の風景の美しさを伝えたいとき。

言葉を尽くして文章で語り下ろすのか、

美しさがわかる写真1枚だけをポンと置いておくのか。

同じ伝えたいことに対して、

言語/非言語のどちらを選ぶかで意味合いが大きく変わってくる。

「言語多め」と「非言語多め」、

翻訳機を使いこなし行き来ができるようになろう。


STEP❶要素を並べてみる。


要素を全て並べて俯瞰してみる。

翻訳できそうなポイントをみつける。


STEP❷非言語に翻訳。


同じ内容でも表現を変えたほうがよいところは

非言語に翻訳をかける。


STEP❸バランスを調整。


言語と非言語の適切なバランスは、

デザインの目的次第で調整していく。


コミュニケーションには言葉と非言葉の2つの方法があり、どちらを選ぶかは伝えたいことによって異なります。バイリンガルなコミュニケーターになるためのステップは、要素を整理し、翻訳可能なポイントを見つけ、非言語表現に翻訳し、最後に適切なバランスを調整することです。
【仕事に使える動画術】2分でわかる「翻訳機」


言語コミュニケーションとは

「言葉」「文章」などの「文字による表現」


良いところ

・媒体を問わず表現を揃えやすい。

・受け取り方の個人差が比較的少ない。

・物事を深く細かく説明しやすい。


悪いところ

・同じ言語を理解できないと使えない。

・伝わるまでに時間がかかる。

・言語だけだと見た目に退屈になりやすい。


非言語コミュニケーションとは

「写真」「図版」などの「ビジュアル表現」


良いところ

・伝達スピードが早くなる場合が多い。

・同じ言語を持っていない人の間でも通じる。

・非言語でしか伝えられない情報がある。


悪いところ

・色や媒体の制約を受けやすい。

・伝わる情報があいまいになりやすい。

・受け取り方の個人差が大きい。


コミュニケーションには言葉と非言葉の2つの方法があり、どちらを選ぶかは伝えたいことによって異なります。バイリンガルなコミュニケーターになるためのステップは、要素を整理し、翻訳可能なポイントを見つけ、非言語表現に翻訳し、最後に適切なバランスを調整することです。
【仕事に使える動画術】2分でわかる「翻訳機」


言語多め

写真以外は文字だけで構成。

フォーマット性が高い分、

ページ数が多くても統一感を出しやすいイメージ。


非言語多め

写真・地図・アイコンと

非言語要素をふんだんに取り入れたデザイン。

テーマが瞬間的に伝わるのが魅力。


コミュニケーションには言葉と非言葉の2つの方法があり、どちらを選ぶかは伝えたいことによって異なります。バイリンガルなコミュニケーターになるためのステップは、要素を整理し、翻訳可能なポイントを見つけ、非言語表現に翻訳し、最後に適切なバランスを調整することです。
【仕事に使える動画術】2分でわかる「翻訳機」



翻訳ポイント

・国と都市名

・位置情報

・施設・設備

・イベントの開催日


コミュニケーションには言葉と非言葉の2つの方法があり、どちらを選ぶかは伝えたいことによって異なります。バイリンガルなコミュニケーターになるためのステップは、要素を整理し、翻訳可能なポイントを見つけ、非言語表現に翻訳し、最後に適切なバランスを調整することです。
【仕事に使える動画術】2分でわかる「翻訳機」


言語多め

たっぷりと本文を取った構成。

レポート形式で臨場感あふれる文章を活かしたでデザイン。


非言語多め

伝えたいことの要点を、

表や記号、写真や路線図など、

いろんな手段を使って表現。


コミュニケーションには言葉と非言葉の2つの方法があり、どちらを選ぶかは伝えたいことによって異なります。バイリンガルなコミュニケーターになるためのステップは、要素を整理し、翻訳可能なポイントを見つけ、非言語表現に翻訳し、最後に適切なバランスを調整することです。
【仕事に使える動画術】2分でわかる「翻訳機」




翻訳ポイント

・店舗の名前

・話の要点

・3つの業態

・メリットとデメリット

・スペースの特徴

・店舗の場所


コミュニケーションには言葉と非言葉の2つの方法があり、どちらを選ぶかは伝えたいことによって異なります。バイリンガルなコミュニケーターになるためのステップは、要素を整理し、翻訳可能なポイントを見つけ、非言語表現に翻訳し、最後に適切なバランスを調整することです。
【仕事に使える動画術】2分でわかる「翻訳機」

コミュニケーションには言葉と非言葉の2つの方法があり、どちらを選ぶかは伝えたいことによって異なります。バイリンガルなコミュニケーターになるためのステップは、要素を整理し、翻訳可能なポイントを見つけ、非言語表現に翻訳し、最後に適切なバランスを調整することです。
【仕事に使える動画術】2分でわかる「翻訳機」

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page