top of page
検索

2分でわかる「動画マーケティング目標オーディエンスの理解と分析」



目標オーディエンス(伝えたい相手)の理解と分析は、

成功する動画コンテンツ戦略

を構築する上で

非常に重要なステップです。

目標オーディエンスを理解することで、

人々のニーズや関心に合わせた

魅力的なコンテンツを提供し、

より効果的なコンテンツ配信を実現できます。


 

【目標オーディエンス(伝えたい相手)の理解】


 デモグラフィック情報の認識


  年齢、性別、地域、言語など、

  基本的な人口統計データ

  を収集します。

  これにより、

  概念層の

  一般的な特性が

  理解できます。



 心理的特性の理解

  

  興味、趣味、ライフスタイル、価値観など、

  心理的な特性を把握することで、

  オーディエンスの行動や

  意思決定の観点から

  ある取り組みを理解できます。



 ニーズと課題の特定


  コンテンツが考えた

  解決策を提供することで、

  オーディエンスとの

  注目を強化できます。



 インサイトの獲得


  オーディエンスとの対話や

  アンケート調査、

  ソーシャルメディアの分析など、

  子どもたちの意見や

  フィードバックを受け入れます。

  これにより、

  一般のニーズに合った

  コンテンツを提供できる

  洞察を得ることができます。



【目標オーディエンスの分析】


 データの収集と分析


  ウェブアナリティクスや

  ソーシャルメディアプラットフォーム

  などのツールを使って、

  オーディエンスの行動データを

  収集、分析します。

  これにより、

  アクセスデータや視聴時間、

  コンテンツへの反応などを

  把握できます。



 セグメンテーション(区分)


  オーディエンスを

  多様に選択することで、

  より特定のニーズや

  嗜好に合ったコンテンツを

  提供できるようになります。



 ユーザーインサイトの活用


  データから得たインサイトをもとに、

  オーディエンの行動パターンや

  興味関心を捉え、

  コンテンツ戦略の検討に

  活用します。



 競合の分析


  同様の

  ターゲットオーディエンス(伝えたい相手)を

  持つ競合の

  動画コンテンツを分析し、

  市場での競争力を理解します。


目標オーディエンスの

・理解

・分析

・動画コンテンツ戦略

はよりよく考えていくことで

効果的なものになります。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page