top of page
検索

2分でわかる「創る・届ける・育てる動画マーケティングの制作プロセス」



動画マーケティングにおける

動画の制作プロセス

次のような

一般的なステップで構成されます。





1.目的と目標の設定


 まず、

 動画の目的と目標を

 明確に定義します。

 例えば、

 ・ブランド認知度の向上

 ・製品の紹介

 ・顧客の関与促進

 など、

 具体的な目標を設定します。

2.ターゲットオーディエンス(伝えたい相手)を理解する


 ターゲットオーディエンスの

 ・ニーズ

 ・関心

 を理解することで、

 効果的な

 ・メッセージ

 ・ストーリーテリング(コンセプトや印象的な体験談やエピソード)

 を作成することができます。



3.コンテンツの企画とストーリーボード作成


 企画段階では、

 ・動画の内容

 ・ストーリー

 を決定します。

 ストーリーボードを作成し、

 シーンの流れや

 ビジュアルイメージを

 具体的に計画します。



4.スクリプトの作成

 

 ストーリーボードをベースに、

 動画のスクリプト

 を作成します。

 スクリプトは、

 ・ナレーション

 ・キャラクターの指定

 必要に応じて

 ・テキスト

 ・グラフィック

 の説明を含みます。



5.プリプロダクション(映像制作における撮影前の作業)


 プリプロダクションでは、

 ・撮影

 ・制作

 に必要な準備を行います。

 ・キャストやクルーの選定

 ・ロケーションの選定

 ・セットの構築

 ・必要な機材やリソースの手配

 などが含まれます。




6.撮影


 実際の動画撮影を行います。

 撮影は、

 専門のカメラマンや撮影クルーが関与し、

 スクリプトに基づいて

 シーンを撮影します。

 必要に応じて、

 ・インタビューや演​​技

 ・製品のデモンストレーション

 なども行われます。



7.プロダクションポスト(映像制作過程における撮影後の仕上げ作業)


 撮影が終わった後は、

 ポストプロダクション

 の段階に進みます。

 これには、

 ・編集

 ・音声編集

 ・音楽の追加

 ・グラフィックスやエフェクトの追加

 ・色調補正

 などが含まれます。

 編集ソフトウェアを使用して、

 シーンの遅れや

 タイミングを調整し、

 最終的な動画を作成します。


8.配信とプロモーション


 最後に、

 制作された動画を配信し、

 プロモーションを行います。

 ・YouTube

 ・ソーシャルメディアプラットフォーム

 などの正しいチャンネルを活用し、

 ターゲットオーディエンス(伝えたい相手)

 に動画を届けます。

 広告キャンペーンや

 インフルエンサーマーケティングなど、

 さまざまなプロモーション手法を使って、

 動画の継続性と魅力を向上させます。








以上が、

動画マーケティングにおける

動画の制作プロセスの一般的なステップです。

重要なのは、

クオリティの高い動画コンテンツを作成し、

目標と

ターゲットオーディエンスに合わせた

効果的なメッセージを伝えることです。


最新記事

すべて表示
bottom of page