top of page
検索

2分でわかる「DX化に対する複雑思考を解消。身近な業務の活用事例」





各部署が動画を使ったDX化で生産性が向上した?

 

1. マーケティング部門


 ・プロモーション動画の作成とオンライン広告への活用。

 ・ソーシャルメディアでの動画コンテンツの共有と拡散。

 ・ライブストリーミングイベントの開催やウェビナーの配信。

 ・顧客体験を促進するための製品デモ動画の作成。




2. セールス部門


 ・セールスプレゼンテーション用の動画素材の作成

 ・製品やサービスの説明をするための営業支援動画の作成。

 ・顧客に対してパーソナライズされたビデオメッセージを送信。

 ・仮想商談やオンラインデモの実施。




3. カスタマーサポート部門


 ・トラブルシューティングガイドやチュートリアル動画の作成

 ・FAQ動画の作成と顧客向けのセルフヘルプリソースとしての活用。

 ・オンラインチャットや電話サポートでの動画共有によるリアルタイムサポート。




4. 人事部門


 ・採用動画の作成と採用サイトやSNSでの公開。

 ・社員研修やオンボーディングプロセスのための教育動画の作成。

 ・社内コミュニケーション向けの企業文化や価値観を伝える動画の制作。




5. 経営戦略部門


 ・経営者メッセージや企業ビジョンを伝える動画の作成

 ・株主総会や社内イベントのライブストリーミング

 ・組織変革や新製品導入のためのコミュニケーション動画の制作




これらは一部の例ですが、

各部署が動画を活用することで

効果的なDX化を実現しています。


動画は

・情報伝達の効率化

・視覚的な魅力

・顧客体験の向上

に貢献するため、

企業の各部署において重要なツールとなっています。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page