top of page
検索

2分でわかる「実写VR映像活用事例」






業種別実写VR効果事例をいくつかご紹介します

 

1.観光・旅行業

ホテル予約サイトでVRを活用し、

実際の客室やリゾート施設

仮想体験できるようにすることで、

リアルな滞在感を伝え、

顧客の興味を引きます。


  




  例えば、

  VRでリゾートの

  プールやレストランの雰囲気を体験できる

  仮想ツアーを提供することがあります。

 

  観光地の

  ・名所

  ・景色

  をVRで再現し、

  オンライン上で

  仮想観光ツアーを提供することで、

  遠隔地からでも現地の魅力を体験できるようにします。





2.不動産業

  不動産物件の内覧をVRで行い、

  仮想の物件内を

  自由に探索できるように

  することで、

  物件の魅力をリアルに伝える

  ことができます。


  

  これにより、

  遠隔地にいる顧客でも

  実際の内覧に近い体験ができます。


  新築マンションや

  住宅の模型をVRで再現し、

  仮想の室内空間を自由にカスタマイズできるようにすることで、

  顧客のニーズに合った住まいをイメージしやすくなります。




3.教育・製造業

  おいて、

  実際の

  キャンパスや仕事の現場

  をVRで再現し、

  ・学校訪問や

  ・実践的な研修

  ができるようにします。


  例えば、

  建設業界では高所作業やクレーン操作の訓練をVRで行う取り組みがあります。



  言語学習や文化体験において、

  異文化の環境や実際の会話シーンを

  VRで再現し、

  生きた体験を提供することで、

  より実践的な学習を実現します。









4.小売業

  店内や商品の仕様をVRで行い、

  仮想空間上で

  商品を体験することで、

  顧客の購買意欲を高めます。


  




  例えば、

  ・メイクアップ製品の仮想試用

  などがあります。

 

  実店舗

  ・イベント

  ・プロモーション

  をVRで再現し、

  遠隔地からでも参加できるようにします。

  これにより、

  ・顧客の参加意欲を高め

  ・集客効果を狙います。



これらは一部の事例ですが、

実写VRを活用することで、

・顧客とのエンゲージメントを高め

・集客効果を上げることができる

と言えます。


各業種の

・特性

・ニーズ

に合わせた実写VRの活用方法を検討し、

ビジネスに取り入れてみてください。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page