top of page
検索

2分でわかる「擬人化力」







世の中のデザインを人に例えてみよう

 

①「書体」を「音声」に例えてみる


  同じ「おはよう」という挨拶でも、

  満面の笑顔と弾んだで言われるのと、

  にこりともせず低い声で言われるのでは、

  含まれるメッセージはまるで変わってくる。


  書体と文字の大きさを変えただけで、

  同じ言葉でもそれぞれ違う音色に聞こえる





②「あしらい」を「女性」に例えてみる。


  人は見た目が9割と言うが、

  初めて出会った女性でも

  ・服装

  ・持ち物

  ・髪型

  ・ヘアメイク

  で、その人のスタイルを感じとれるもの。


  ・書体

  ・色

  ・ライン

  ・アイコン

  ・テクスチャ

  などを使って

  を選び化粧をするように、

  デザインもスタイリングしよう。




③「配置」を「人々」に例えてみる


  真っ白な紙の上に

  文字や写真を並べていくと、

  そこに

  「空間」や「奥行き」

  が生まれている。


  人が立つ姿からも人格が伝わるように、

  ・要素の置き方

  ・並び方

  からキャラクターが分かる。

  同じ写真や文字であっても、

  配置によって印象が変わる。





最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page