top of page
検索

今日から使える「BPO市場に動画マーケティングが切り込む」



BPO市場に動画マーケが切り込む - ビジネスプロセスアウトソーシングの次の進化

 

- 2021年度におけるBPO市場の事業者売上高ベースの市場規模は、4兆5,636億9,000万円(推計)で、前年度比で3.0%増となっている。


- BPO市場は今後もプラス成長になると予測されており、政府による働き方改革や業務オペレーションの見直しに取り組む企業が増えていることが市場拡大を後押ししている。


- IT系BPO市場規模が同2.9%増の2兆6,888億円、非IT系BPO市場規模が同3.3%増の1兆8,748億9,000万円である。


- BPOによるグローバル化が進んでおり、海外進出における行政手続きや現地での給与計算・労務管理などをBPOで海外に委託することで、ビジネスのスピードを加速できるという側面がある。


- 2022年度のBPO市場の市場規模は約4兆7,000億円、2026年度には5兆円を突破する予測である。





【イントロダクション】


近年、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場は急速に成長し、

企業の業務効率化やコスト削減を支援してきました。


しかし、

競争が激化し価値の追求が求められる現在、

新たなアプローチが求められています。

その中で注目されているのが、動画マーケティングの活用です。


本記事では、

なぜBPO市場で動画マーケティングが注目されているのか、

そのメリットや事例を探っていきましょう。


【パラグラフ1】 BPO市場における動画マーケティングの重要性


BPO市場では、

顧客企業のニーズに合わせた

効果的なコミュニケーションが求められます。

従来の

・テキスト

・画像

による情報提供では限界があり、

より鮮明で魅力的なコミュニケーション手段が求められています。


そこで注目されるのが動画マーケティングです。

動画は

・視覚

・聴覚

を刺激し、

感情を喚起する力があります。

これにより、

顧客とのエンゲージメントを高め、

メッセージの効果的な伝達が可能となります。


【パラグラフ2】 BPO市場における動画マーケティングのメリット


動画マーケティングはBPO市場において以下のようなメリットをもたらします。


1.ブランド認知の向上

  動画は鮮やかな映像とストーリーテリングを通じて

  ブランドイメージを効果的に伝えることができます。


2.メッセージの視覚化

  複雑な業務プロセスやサービス内容を動画で視覚化することで、

  わかりやすく伝えることができます。


3.顧客エンゲージメントの増加

  魅力的な動画コンテンツは顧客の興味を引き

  エンゲージメントを促進します。


4.メディアチャネルの多様化

  動画はウェブサイトやソーシャルメディア、プレゼンテーションなど、

  さまざまなメディアチャネルで活用できます。



【パラグラフ3】 BPO市場における動画マーケティングの事例


実際にBPO企業が動画マーケティングを活用した事例を見てみましょう。

1.プロセス解説動画

  BPO企業は自社のプロセスやサービスをわかりやすく解説する動画を作成しました。

  これにより、

  顧客とのコミュニケーションを円滑化し、

  信頼関係を築くことができました。


2.カスタマーケア動画

  顧客向けの問い合わせ対応やトラブルシューティングの動画を提供しました。

  これにより、

  顧客の自己解決能力を向上させると同時に、

  顧客サポートの効率化を図りました。


3.顧客成功事例の共有

  BPO企業は顧客の成功事例を動画で紹介しました。

  これにより、

  他の顧客へのアピールや新規顧客の獲得につながりました。



【結論】


BPO市場における動画マーケティングの活用は、

・顧客とのコミュニケーションを強化

・競争力を高める

ための重要な手段です。


魅力的な動画コンテンツを通じて、

・ブランド認知の向上

・顧客エンゲージメントの増加

実現しましょう。


BPO企業は今、

動画マーケティングを活用することで市場での存在感を高めることができます。

以上、BPO市場における動画マーケティングの重要性とメリットについてご紹介しました。是非、今後のビジネス戦略に動画マーケティングを組み込んでみてください。


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page