top of page
検索

今日から使える「これからのショート動画に欠かせない10のキーワード」



これからのショート動画に欠かせない10のキーワード

 

①アテンション

②仮想敵

③代弁者

④コンテンツ設計

⑤時間設計

⑥動画・ライブ配信・ストーリー機能

⑦レコメンドハック

⑧エンゲージメント率

⑨コメ返(コメント返信)

⑩TikTok売れ




①アテンション:集めた注目度でコミュニティの熱量を最大化する


  何かを欲しているであろう人々を最初に集めて

  そのコミュニティの熱量を高め、

  「こんなものが欲しい」

  というコミュニティの声が固まったところで商品を開発する。


②仮想敵:逆説的に熱烈なファンを手に入れる


  これから仕掛けていくものが何であろうと、

  そこに降って湧いたように

  ・お金

  ・時間

   が使われるわけではなく、

   すでに何かに使われいてるものを奪わなければならない。


  ・収益源として受け継ぐ部分と、

  ・アンチテーゼとして差別化する部分を

   分けてコンテンツを作っていく必要がある。


③代弁者:人々が熱狂するトピックをもっとアツく語れる「本物の伝道師」になる


  自分が生み出したコミュニティに対して

  貢献したいという強い思いを持ち、

  それがコンテンツからにじみ出ている人、

 

  つまりコミュニティの「代弁者」を目指すことも、

  クリエイターとして抜きん出るためには有効な戦略である。


④コンテンツ設計:徹底的な「リサーチ」で、仕掛けるべきコンテンツの方向性を

         発見する


 ・コメント欄が掲示板化するような「方針策定」を行う

 ・字コンテで「制作」をスピーディーに進める

 ・コミュニティを活性化させる「余白」を残しておく


⑤時間設計:ショート動画の構成と時間設計


 ・フック:開始直後0.1秒で目を引くヴィジュアル、2秒目までに自己紹介

 ・イントロ:6秒目までに動画の要旨を説明

 ・ボディ:「アイテムトピック」「音楽」「ナレーション」「ハッシュタグ」を意識

 ・エンド:コメントを誘発する余白を仕掛ける


⑥動画・ライブ配信・ストーリー機能


 ・動画:最低限、週に2本以上の投稿を目指す

 ・ライブ配信:他の動画と同様に「おすすめ」フィードに流れるため、

        フォロワー以外の新規のファンとつながる大きな流入元になる。

 ・ストーリー機能:「ストーリーズ」はフォロワーの「おすすめ」フィードに掲載される

           ので、

          フォロワーとの接点を作り続けるという意味で非常に有効である。


⑦レコメンドハック:レコメンドを制するコンテンツが「おすすめ」フィードを

          制する


  自分のことをまだ知らないユーザーの「おすすめ」フィードに、

  どうしたら自分の動画が表示されるのかを考える。


  そうしなければ

  ・動画の再生回数も

  ・フォロワー数も

  ・そのコンテンツを見て自分たちの商品やサービスにお金を使ってくれる人も

  増えない。


⑧エンゲージメント率:アカウントやコンテンツの存在を知ってもらう成功の鍵

           は、エンゲージメント


 「おすすめ」機能は、

 「一定のコンテンツを投稿後、一定の時間内

  ・『いいね』

  ・コメント

  ・セーブ(保存)

  ・シェア

  ・再生完了率

  などの数値が良いと、より多くのユーザーに拡散される」

  というアルゴリズムが原則になっている。


  エンゲージメント率を高める方法として、

  ・投稿数を増やす:最低でも週に2回

  ・事前告知をする:「今日の何時に動画を投稿するので見てね」

  といった事前告知しておき、初速の数値を良くする。


  コメントしたくなる動画内容にする、

  ・「○○について教えて」

  ・「コメ返します」

  ・「リクエスト待ってます」

  など、

  ユーザーがコメントしたくなるような「促し」を入れる、

  もしくは「余白」を用意する。



⑨コメ返:作って届けて、会話する


  コメントのやり取りに積極的なクリエイターだと思われれば、

  次の動画でも返信を期待してコメントをくれるユーザーが増えるかもしれない。

 

  こうした地道なやり取りが、エンゲージメントの土台を作る。

  「作って終わり」ではなく、

  作って届けて、さらに会話する。

  それが

  これからの

  ・コミュニケーション

  ・マーケティング担当

  ・PRパーソン

  に求められることである。


⑩TikTok売れ:ショート動画と相性が良く、ヒットにつながりやすい「有形商品」



  ・コスメ

  ・食品

  ・ファッション

  のようにスマホの画面内で収まりやすく

  パッと日常的に買いやすい

  ・価格帯

  ・みんながすぐに真似できる商品

  は、

  ショート動画と非常に相性が良い。


  また、

  ・ヴィジュアルコンテンツ

  ・ショート動画

  は、

  ・自分の趣味

  ・嗜好

  を表現するのに向いているため、

  趣味性が高いものは高額な商品もおすすめである。

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page