top of page
検索

紙のパンフレットを動画にする方法とその効果事例





パンフレットを動画に変換する方法と、その効果的な事例

 

わたしたちがクリエイトする動画パンフレットは、

・集客

・告知

・認知拡大

などの、

目的を持ったクライアントへ、効果を上げる為の手法で制作しています。


今回はその方法と効果の事例を元にお伝えしていきます。



1.ストーリーボードの作成:


パンフレットの内容を基にストーリーボードを作成します。

ストーリーボードは、

・動画の流れ

・コンテンツの配置

視覚的に表現したものです。


パンフレットのセクションやページごとに、

・映像

・テキスト

・画像

などを配置する計画を立てます。



2.コンテンツのデジタル化


パンフレットの内容をデジタル形式に変換します。


・テキストはテキストデータとして

・画像はデジタル画像として

取り込みます。


また、必要に応じて新たな映像やアニメーション素材を作成することもできます。



3.ビジュアルと音声の組み合わせ:


パンフレットのコンテンツを映像と音声で表現します。

・テキスト

・画像

を映像化し、

・ナレーション

・BGM

を追加することで、

情報を効果的に伝えることができます。


また、

アニメーションや適切なトランジション効果を使って、

映像の流れをスムーズにすることも重要です。



4.デザインの最適化


パンフレットのデザインを動画に適した形式に最適化します。


テキストや画像の

・配置

・色彩

・フォント

などを調整し、

視覚的に魅力的でわかりやすい映像に仕上げます。


また、動画の時間や形式に合わせてコンテンツを編集することも行います。


効果的な事例としては、以下のようなものがあります:


  • 旅行会社のパンフレットを動画にした場合

美しい景色や観光名所を映像で紹介することができます。

映像と音楽の組み合わせで、旅行の魅力や体験をリアルに伝えることができます。


  • 不動産会社のパンフレットを動画にした場合

物件の内部や周辺環境の映像を盛り込むことができます。

部屋の広さや設備、周辺の便利な施設などを映像で表現し、

物件の魅力を引き立て成約率を高めることができます。


  • 商品カタログのパンフレットを動画にした場合

商品の特徴や使い方を映像で実演することができます。

映像によって商品の魅力や実際の使用イメージを伝えることで、

購買意欲を高める効果があります。


パンフレットを動画に変換することで、

視覚的な魅力や情報伝達力が向上し、

より多くの人々にアピールすることができます。


動画の利点を活かし、

魅力的なコンテンツを作成することで、

効果的なマーケティングやプロモーションが可能となります。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page