top of page
検索

大学生内定、過去最高65% 24年卒、就活早期化が加速









大学生内定、過去最高65% 24年卒、就活早期化が加速

 

就職情報サイト「リクナビ」を運営しているリクルート社は、

11日に2024年卒業予定の大学生の就職内定率が

5月1日時点で65.1%に上昇したことを発表しました。


これは、

23年卒業予定の同時期に比べ6.7ポイント増加しており、

現在の就職活動の日程においては過去最高の数字となります。


さらに、

早期選考による加速も鮮明になっており、

内定を得た学生たちの半数以上が

引き続き就職活動を継続しているとのことです。


また、

同社の就職みらい研究所に所属する栗田貴祥所長は、

新型コロナウイルス感染症が落ち着いてきていることと、

企業の採用意欲の高まりが見受けられることに注目し、

オンラインでの採用活動が効率的に進んでおり、

内定を出す時期も早まっていると分析しました。



最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page