top of page
検索

「憧れ」の芸能人と、「毎日顔を合わせるインフルエンサー」応援したくなるのはどっち?








「憧れ」の芸能人と「毎日顔を合わせるインフルエンサー」応援したくなるのはどっち?

 

芸能人とインフルエンサーの違い


新聞、テレビ、ラジオ、雑誌のようなオールドメディア時代には人の目に触れること

つまり「露出」のチャンス

を得るのは非常に難しいことだった。

しかし、

今やインフルエンサーやSNSクリエイターは、

自分自身の力によって「露出」を勝ち得ることができる。

短尺のショート動画であれば、

投稿の負担も比較的低いため、

毎日投稿し続けるクリエイターも少なくない。


ザイオンス効果と呼ばれる、同じ人やモノに接する回数が多いほど、

その対象に好印象を持つようになる、という心理効果がある。

オールドメディアでたまにしか目にしない、

キラキラした芸能人は憧れの対象にはなるが、

単純に好きになって「応援したい」と思うのは

毎日何かしらのコンテンツを投稿してくれるSNSクリエイターの方だろう。

「毎日顔を合わせる人を好きになる」

という人間のシンプルな心理と、SNSの仕組みは相性抜群だ。


その結果として、

旧来のメディアで「露出」する芸能人よりも、

SNSでアテンションを集めるインフルエンサーやクリエイターの方が、

「好き」になってもらいやすいという現象が起きている。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page