top of page
検索

受託制作とクリエイティブ制作は違うの?







受託制作とクリエイティブ制作の概念とその違い

 

受託制作とクリエイティブ制作は、

どちらも映像制作やデザイン制作などの分野で用いられる言葉ですが、

その概念や違いについては次のように説明できます。



・受託制作とは


クライアントからの依頼に基づいて、

制作会社やクリエイターが、

クライアントの要望に沿って制作する形態を指します。

つまり、

クライアントの要望に基づいて、

特定の制作物を制作するという契約を結ぶ形態です。


クライアントが求めるものをできる限り実現することが求められるため、

一定の指示に従いながら制作を進めることになります。



一方、

・クリエイティブ制作とは


制作者が自由に創意工夫を凝らし、

自分たちが作りたいものを作り上げる制作形態を指します。


つまり、

クリエイターが自分たちのアイデアや感性を最大限に活かし、

クライアントからの要望にこだわらずに制作することになります。

クリエイター自身が、

制作する作品において最適な手法やアプローチを考え、

自由度が高いと言えます。


このように、

受託制作とクリエイティブ制作は、

制作の基本的なアプローチが異なることが特徴です。


受託制作は、

クライアントの要望に応えるために一定の指示に従いながら制作することが求められます。


一方、クリエイティブ制作は、

クリエイター自身が自由な発想を凝らし、

自分たちが作りたいものを作り上げることになります。

どちらの制作形態も、

その特性に応じて制作会社やクリエイターによって適したアプローチが求められます。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page