top of page
検索

マーケティングの基軸はリーチからアテンションへ





リーチとアテンションの違い

 

「リーチ」と「アテンション」は、広告やマーケティングの分野で使われる用語で、

それぞれ異なる意味を持っています。


「リーチ」とは、

広告が届く人数や範囲を表します。

つまり、広告が配信された場合、どれだけ多くの人に届くかを指します。

例えば、

あるテレビCMが放送された場合、その番組を見た人数がその広告のリーチとなります。

一方、

「アテンション」とは、

広告を見た人が広告に対してどれだけ注意を払っているかを表します。

つまり、広告が届いた人たちのうち、広告を注意深く見た人の割合を指します。

例えば、

あるウェブサイトに広告が掲載された場合、その広告がクリックされた回数がアテンションとなります。

簡単に言えば、

リーチは広告が届く範囲や人数を表し、

アテンションは広告に対する関心度合いを表します。


広告効果を考える上で、どちらも重要な指標となります。





広告のリーチからアテンションへと移行する手段


1.ターゲットを絞る

 リーチは多くの人に届けることが重要ですが、

 広告を見た人がアテンションを払うためには、

 広告が自分に関係があると感じる必要があります。

そのため、

 ターゲットを絞り込むことで、

 自分に関係のある情報や商品を提供することができます。

これによって、

 アテンションを引きやすくなります。



2.クリエイティブな広告を制作する

 広告のデザインやコピーなど、

 クリエイティブな要素がアテンションを引きやすくします。

 目を引くデザインや、鮮やかな色使い、

 ユニークなアイデアなどを取り入れることで、

 広告が注目されるようになります。



3.優れたストーリーテリングをする

 ストーリーテリングは、広告においても重要な要素です。

 広告が持つストーリー性や感情を揺さぶるストーリーを組み込むことで、

 人々の心に響く広告を制作することができます。

これによって、

 広告に対する関心や興味を引き出すことができます。



4.メディアプランを見直す

 広告の配信先や配信タイミングを見直すことで、

 リーチとアテンションの両方を同時に向上させることができます。

 例えば、ターゲットが利用する媒体や、

 注目されやすい時間帯に広告を配信することで、

 効率的にアテンションを引き出すことができます。



これらの方法を組み合わせることで、リーチからアテンションへの移行を促すことができます。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page