top of page
検索

企業紹介動画を作るコツ




企業紹介動画の特徴

 

1.ビジュアル重視


企業のイメージを伝えるため、

  ・映像

 ・グラフィックス

 などのビジュアルが重要な役割を果たします。


「映像のクオリティ」が高いほど、視聴者の印象も良くなる傾向があります。




2.ストーリー性


企業の理念やビジョンを伝えるため、

ストーリー性のある内容が求められます。


例えば、社員がどのように企業に貢献しているか、

・製品

 ・サービス

がどのように世界を変えていくかなど、「興味を引くストーリー」が必要です。




3.簡潔さ


動画の視聴時間は「短くする」ことが望ましいため、

  伝えたいメッセージを簡潔にまとめる必要があります。


  長すぎる動画は視聴者に飽きられてしまい、

伝えたいメッセージが伝わりにくくなります。




4.ターゲットに合わせた企画作り


企業紹介動画は、誰が見るかによって作り方が変わってきます。

例えば、

「新卒採用向けの動画」は、若い人をターゲットにしたもので、

  企業の魅力や社風、仕事内容などを伝えることが重要です。


一方で、

「顧客向けの動画」は、製品やサービスの魅力を伝えることが求められます。




5.コール・トゥ・アクション


動画を見た視聴者が、

どのようなアクションを起こすべきかを示すことも重要です。

例えば、

・企業のウェブサイトにアクセスして詳細を確認する

  ・製品を購入する

・問い合わせる

などのアクションを促すことができます。




一言で企業紹介動画といっても色々なコツがあります。


企業の課題を明確にして動画制作を大切ですよ。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page