top of page
検索

2分でわかる「知識を貯め込まない」


知識を溜め込むと取り残される時代が、情報を求め、アンテナを張ることが必要。情報共有が大事と、お返しがあり、私たちセンスを形成する。あるが、他人の作品でセンスを示す場面もある。 周囲からの影響を共有することは自己紹介や価値の共有に役立つ。
【仕事に使える動画術】 2分でわかる「知識を貯め込まない」






あなたが影響を受けた人物やモノはどれも共有する価値がある

 

知識を溜め込むことの問題点は、

溜め込んだ知識に

すがって生きるはめになるところだ。

そうすると結局、

時代に取り残されてしまう。

しかし、

何もかも与えれば、

手元には何も残らない。

その分、

常に情報を探し、アンテナを張り、

知識を補充していかざるを得ない。

だが、どういうわけか、

与えれば与えるほど、

お返しが来るものなのだ。

私たちは常に、

仕事や生活の中で出会った

奇妙なものや驚くよ うなものを

脳に入れて持ち歩いている。

この心のスクラップブックこそが、

私たちの嗜好やセンスを形づくる。

そして、

その嗜好やセンスが私たちの仕事に影響を与える。


知識を溜め込むと取り残される時代が、情報を求め、アンテナを張ることが必要。情報共有が大事と、お返しがあり、私たちセンスを形成する。あるが、他人の作品でセンスを示す場面もある。 周囲からの影響を共有することは自己紹介や価値の共有に役立つ。
【仕事に使える動画術】 2分でわかる「知識を貯め込まない」



私たち自身を形づくるのは、

私たちのセンスだ。

でも、

そのセンスが

私たちの作品に活かされないこともある。

最初の数年間はいくら作っても、

いい作品ができない。

よくなりかけてはいるし、

ポテンシャルはあるのだが、

まだよいとはいえない。

けれど、

その人が創作の道に進むきっかけになった“センス’'は、

相変わらず抜群なのだ。

このギャップを飛び越え、

世界中の人々に自分の作品を見せる前に、

ほかの人の作品であなたのセンスを見せることもできる。


知識を溜め込むと取り残される時代が、情報を求め、アンテナを張ることが必要。情報共有が大事と、お返しがあり、私たちセンスを形成する。あるが、他人の作品でセンスを示す場面もある。 周囲からの影響を共有することは自己紹介や価値の共有に役立つ。
【仕事に使える動画術】 2分でわかる「知識を貯め込まない」



あなたはどこからインスピレーションを得ているのか?

どんなことで頭がいっばいなのか?

何を読むのか?

何か購読しているものはあるか?

インターネットでよく訪れるサイトは?

よく聴く音楽は?

よく観る映画は?

芸術鑑賞は好きか?

集めているものは?

スクラップブックの中身は?

デスクの上のコルクボードに何を留めているか?

冷蔵庫に何を貼っているか?

あなたの大好きな作品を作ったのは?

あなたがいつもアイデアを盗んでいる相手は?

あなたのヒーローは?

オンラインでフォローしている相手は?

あなたと同じ分野で尊敬する人物は?


あなたが影響を受けた人物やモノはどれも共有する価値がある。


あなたが誰なのか、

どんなことをしているのかを

みんなに知ってもらうのに役立つからだ。

時にはあなたの作品以上に。

תגובות


bottom of page