top of page
検索

2分でわかる「相手に好きなだけ殴らせる」


作品を公開する際は、賛否両論を覚悟しよう。反応が増えれば批判も増える。対処法として、深呼吸、批判への対応練習、批判を作品に活かす、弱点を守るバランスが重要。作品と自己を区別し、肝心な人の評価に焦点を当てよう。
【仕事に使える動画術】 2分でわかる「相手に好きなだけ殴らせる」







パンチを受け止めるコツ

 

作品を世に出すときは、

よい反応、悪い反応、

そして不快な反応を覚悟しておくこと。

作品に目を留める人が増えるほど、

批判も増える。

そこで、

パンチを受け止めるコツを紹介しよう。


作品を公開する際は、賛否両論を覚悟しよう。反応が増えれば批判も増える。対処法として、深呼吸、批判への対応練習、批判を作品に活かす、弱点を守るバランスが重要。作品と自己を区別し、肝心な人の評価に焦点を当てよう。
【仕事に使える動画術】 2分でわかる「相手に好きなだけ殴らせる」




力を抜いて深呼吸する


想像力の豊かな人々の厄介なところは、

自分の身に起こりうる

最悪の出来事を想像するのがうまいということだ。

恐怖とは、

想像が間違った方向に

進んでしまっただけのケースが多い。

厳しい批判を受けたからといって、

世界が終わるわけじゃない。

私の知るかぎり、

辛辣な批判で死んだ人はいない。

深呼吸をして、来るものを受け入れよう。



作品を公開する際は、賛否両論を覚悟しよう。反応が増えれば批判も増える。対処法として、深呼吸、批判への対応練習、批判を作品に活かす、弱点を守るバランスが重要。作品と自己を区別し、肝心な人の評価に焦点を当てよう。
【仕事に使える動画術】 2分でわかる「相手に好きなだけ殴らせる」




首を鍛える


パンチを受け止められるようになるには、

何度もパンチを食らう練習をすることだ。

たくさん作品を世に出そう。

そして好きなだけ殴ってもらおう。

そうしたら、

もっと多くの作品を作り、

世に出しつづける。

批判を浴びれば浴びるほど、

痛くも痒くもなくなっていく自分に気づくはずだ。



パンチをかわす


足を止めないこと。

批判の1 つ1 つが、

新しい作品づくりのきっかけになる。

受ける批判をコントロールするのは無理でも、

批判への対応方法をコントロールすることならできる。

あなたの作品のある部分が嫌われているなら、

その部分をもっと押し出してみるのも、たまには面白い。

もっと嫌われるようなものを作るわけだ。

一部の人々に作品が嫌われているというのは、

むしろ名誉の印なのだ。



弱点を守る


批判に耐えられないくらいデリケートな作品や、

あなた自身と関係が近すぎる作品は、

しまっておくべきだ。

ただし、

強迫観念のように恥をかくのを避けるのは、

一種の自殺行為だ。

弱みをさらさないことばかり考えて人生を送っていたら、

あなた自身もあなたの作品も、

ほかの人と本当の意味でつながることなど永遠にできないだろう。



バランスを保つ


あなたの作品はあくまでも作品であって、

あなた自身じゃない。

それを忘れてはいけない。

これはアーティストにとって特に受け入れにくい事実だ。

アーティストは仕事の大部分を

自分自身と重ね合わせるものだからだ。

でも、

家族や友人など、

あなたの作品だけでなく

あなた自身を愛してくれる人たちを大切にしよう。



みんなにどう思われるかを気にするのではなく、

肝心な人にどう思われるかだけを気にした方がいい。

ความคิดเห็น


bottom of page