top of page
検索

「考えて休む」


努力不要のアイデア発送法とは?

 

「すぐれたアイデアを生み出すための効果的な思考法は何か?」

答えは「考えて休むテクニック」である。

「考えて休む」テクニックは、

ほとんど努力せずにすぐれたアイデアを生み出す上で非常に効果的な思考法である。



すぐれたアイデアを生む「考えて休む」テクニックは効果的。問題について熟考し、意識を切り替えることで潜在意識が活性化し、新しいアイデアが浮かび上がる。科学的にも証明され、創造性を促進する。
【仕事に使えるクリエイティブ術】 「考えて休む」


まず、解決したい問題について、30分〜60分、

あるいは数時間できるだけ一生懸命に考えて、

どんなにばかげた内容でもよいので、浮かんだアイデアをすべて書きとめよう。

この最初の思考の段階で、アイデアを生み出すだけでなく、

どんなアイデアを必要としているかを潜在意識に知らせることができる。


次に、あなたが問題について意識的に考えるのをやめても、

潜在意識はそれについて不眠不休で考え続ける。

あなたの超高速の創造的な右脳は無数の思考を処理し、

散歩や入浴や睡眠のさなかにアイデアを思いつく。

潜在意識は非常に独創的で成功するアイデアを生み出すことができる。

いったん潜在意識があなたに代わってアイデアを生み出すようになったら、

いつどこにいようと、それを書きとめよう。


最後に、自分の課題についてときおり2分から5分くらい考えよう。

その間に新しいアイデアを生み出すだけでなく、創造的な右脳を再び活性化し、

自分がその問題について意識的に考えていないときでも活発に考えさせることができる。



すぐれたアイデアを生む「考えて休む」テクニックは効果的。問題について熟考し、意識を切り替えることで潜在意識が活性化し、新しいアイデアが浮かび上がる。科学的にも証明され、創造性を促進する。
【仕事に使えるクリエイティブ術】 「考えて休む」


潜在意識が問題について長い間考えれば考えるほど、

より多くの繋がりを作り出し、すぐれたアイデアが生み出される可能性が高まる。

多くの科学者は「問題について意識的に考えていない時にすぐれたアイデアが生まれる」

と主張している。

問題について忘れ、最も予期していないときに最も画期的なアイデアが浮かんでくる。

偉大なイノベーターがすぐれたアイデアを生み出し続けるのは、

他の人たちより一生懸命働いているからではなく、

効果的な思考のプロセスを活用しているからである。

潜在意識が熟成期間で行う作業は目に見えないが、

それはこのプロセスで最も不可欠な部分である。



すぐれたアイデアを生む「考えて休む」テクニックは効果的。問題について熟考し、意識を切り替えることで潜在意識が活性化し、新しいアイデアが浮かび上がる。科学的にも証明され、創造性を促進する。
【仕事に使えるクリエイティブ術】 「考えて休む」

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page